/

ファミマへ転換、道内で8月完了 サンクス営業終える

ファミリーマートは北海道内にあった「サンクス」店舗のファミマへの転換を8月中にも完了する。7月末までにサンクスの全店舗の営業を終えた。大半の店舗でファミマへの転換を終え、残り数店舗だという。

ユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)は2016年9月の統合以降、コンビニエンスストアの店舗ブランドのうちサークルK、サンクスのファミマへの統一を急ぐ。サンクス全店の営業終了は店舗がある36都道府県のうち、北海道が6例目。

道内はもともとサンクスの店舗がファミマより多かったという。同社の担当者は「道内でファミマの規模を拡大し、より身近に感じてもらえるよう早めに対応した」と狙いを話す。

全国ではファミマにブランド転換をした店は1日あたりの売り上げと客数が平均で1割程度伸びているという。統一効果を道内でも今後高めていきたい考えだ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン