2019年5月22日(水)

新潟県内社長の出身大学、日大が最多 民間調べ

2018/8/15 22:25
保存
共有
印刷
その他

帝国データバンク新潟支店がまとめた新潟県内企業の社長出身大学調査によると、日本大学出身の社長が458人で最も多かった。2位は明治大学(185人)で地元の新潟大学は167人で4位だった。県内では新潟大のほか、新潟工業短期大学が20位以内に入った。

男女別では男性社長で日大が最多で明大と早稲田大学が続いた。女性社長では新潟大が最も多く、日大と跡見学園女子大学短期大学部が上位に入った。

日大など上位4大学出身の社長の就任経緯では同族承継が最も多かった。特に日大(63.2%)と明大(64.7%)、早大(71.6%)の3校では同族承継の比率が高い。

一方で新潟大は同族承継は38.6%にとどまる一方で、創業者(31.7%)や内部昇格(20.8%)の割合が他の3校の出身者に比べて高かった。

年商規模別で比較したところ「10億円未満」と「10億~50億円未満」、「50億~100億円未満」では日大が最多だった一方、年商100億円以上の企業では早大が最も多かった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報