「花」テーマにアート展示 9月、松山の商店街で

2018/8/15 19:46
保存
共有
印刷
その他

松山市中心部の商店街で9月14~24日、「花」をテーマにしたアートイベントが開催される。回遊性の高い歩行者道路のPRを目的に、市などでつくる「まつやま健幸・賑幸促進委員会」が主催する。大街道のアーケードには、空間デザイナーの長谷川喜美さんが松山の市花ヤブツバキをモチーフとした高さ約9メートルのオブジェを展示する。

松山市中心部の花園町などの商店街は歩行者専用路が整備されている

アートイベント「MATSUYAMA DESIGN WEEK」は花園町、大街道、銀天街、ロープウエー街の各商店街を舞台とする。世界中から募集した写真、映像、立体作品の中から約100点を選び展示する。審査委員は建築家の隈研吾さん、長谷川さんらが務める。グランプリ、準グランプリも表彰する。

ヤブツバキのオブジェ前にはステージを設置し、フラメンコ演舞やデザインに関するトークイベントなどを開く。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]