2018年11月20日(火)

古河電工株、年初来安値 光関連や電力ケーブルの回復遅れを懸念

2018/8/16 2:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

15日の東京株式市場で古河電気工業株が一時、前日比240円(6%)安の3520円まで下落し、年初来安値を更新した。証券会社による投資判断や目標株価の引き下げが相次いで、投資家の売りが膨らんだ。終値は5%安の3555円だった。

大和証券は14日付で投資判断を5段階で上から2番目の「強気」から3番目の「中立」に引き下げた。SMBC日興証券の山口敦氏は15日に「業績の飛躍には光関連市場の回復が不可欠」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報