パソコン定型作業「RPA」、中堅向けに6割安く

2018/8/15 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ソフトウエア各社がパソコンの定型作業を自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)で低価格サービスを相次ぎ始める。英大手ブループリズムは費用を6割抑えた新サービスを展開。国内大手のRPAテクノロジーズは3分の1にして使いやすくした。大手企業で導入が先行したRPAが中堅以下に広がれば、「働き方改革」に第2の波が来そうだ。

RPAはオフィスのパソコンやサーバーに仮想の「ロボット」を組…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]