/

この記事は会員限定です

新日鉄住金、インドの車部品合弁を子会社化

[有料会員限定]

新日鉄住金は、自動車の主要部品である鍛造クランクシャフトを手がけるインドの合弁会社を子会社にする。現地の合弁相手が持つ50%の株式をすべて買い取り、出資比率を90%に高める。インドは2017年にドイツを抜いて世界4位の自動車市場に浮上し、20年にも日本を抜く見通し。車向け鍛造クランクシャフトの世界シェア10%を持つ新日鉄住金は成長市場の需要を取り込む。

子会社化する合弁会社は新日鉄住金、印部品大手アムテック...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り512文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン