/

この記事は会員限定です

マカオのカジノ大手好調 中国から客足戻る

[有料会員限定]

【香港=木原雄士】マカオのカジノ大手の業績が好調だ。最大手の銀河娯楽集団(ギャラクシー・エンターテインメント)の2018年1~6月期の純利益は72億香港ドル(約1千億円)と前年同期比56%増えた。金沙中国(サンズ・チャイナ)や澳門博彩控股(SJMホールディングス)も増収増益となった。中国本土からの客足が戻り、復調が鮮明だ。

マカオのカジノ市場は中国の習近平(シー・ジンピン)指導部の倹約令によって冷...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り497文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン