/

この記事は会員限定です

ゲノム編集産業を開拓 セツロテックの竹沢慎一郎社長

23年にも上場目指す トップに聞く

[有料会員限定]

狙った遺伝子を改変する技術「ゲノム編集」は品種改良のほか、創薬など医療面での応用で世界的に注目が集まる。徳島大学で生まれた高効率のゲノム編集技術で新たな市場を開拓しようと竹沢慎一郎氏が立ち上げたスタートアップがセツロテック(徳島市)だ。竹沢氏に徳島発のゲノム編集技術の可能性を聞いた。

――ゲノム編集の産業分野での広がりをどのようにみていますか。

「日本でもゲノム編集技術の重要性が認識され始め、研究...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り903文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン