2018年9月22日(土)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,794,118億円
  • 東証2部 92,521億円
  • ジャスダック 102,703億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.36倍 --
株価収益率15.06倍15.33倍
株式益回り6.63%6.52%
配当利回り1.62% 1.66%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,869.93 +195.00
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,750 +290

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

9月21日(金)14:18

金融相 仮想通貨の不正流出 「甚だ遺憾」[映像あり]

24日に日米貿易協議 茂木氏とライトハイザー氏

9月21日(金)13:06

[PR]

スクランブル

フォローする

波乱の夏枯れ相場 個人が挑む新興株
証券部 浜岳彦

2018/8/15 17:42
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 トルコ通貨安が招いた今週前半の嵐のような雰囲気がくすぶるなか、15日の日経平均株価は反落。主な機関投資家が月遅れお盆の休暇で市場参加者は少ないが、売買代金は東証1部で2兆円を超え、東証マザーズ市場も直近1カ月で最大になり「夏枯れ」とは言えない状況だ。個別株の動きに目を向ければ、逆張りの個人投資家が下値を拾う動きも目立った。

 「機関投資家は見切り売りを出しているが、安値で拾おうと意欲的な個人が多い…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

相場と投資を読み解く

15日公開「記者の目」

記事の理解に役立つランキングやデータ

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム