2018年11月19日(月)

「決断の欠如、ポピュリズム生む」 ヤシャ米ハーバード大講師

パンゲアの扉
2018/8/16 1:46
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

――世界で強権指導者が台頭している背景は。

「民主国家の市民には今の体制は機能していないとの不満が高まっていた。生活水準の伸び悩みや社会の高齢化、移民の流入などへの対策が一向に進まず、将来への悲観が広がった。交流サイトを通じて不安があおられたこともあり、過激な指導者による変革を求める風潮が強まった」

「ポピュリズム(大衆迎合)指導者は権力を握ると、メディアや司法など独立機関を弱体化させ“非自由民…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報