2019年6月20日(木)

ミャンマー、ロヒンギャ問題打開へ日本接近
スー・チー氏、独立調査委に大島・元国連大使起用

2018/8/15 15:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ネピドー=新田裕一】ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問は、イスラム系少数民族ロヒンギャに対する迫害疑惑を調査する独立調査委員会のメンバーに大島賢三・元国連大使を起用した。ロヒンギャ問題を巡り非難を強める欧米と異なり日本は「ミャンマー政府とともに問題解決に取り組む」(河野太郎外相)との立場だ。日本人起用でミャンマー国内の反感を抑えつつ、国際社会が注視する同問題の打開を探る。

独立調査委…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報