/

英銀に制裁金5400億円 金融危機時不正で最高額

【ニューヨーク=共同】米司法省は14日、金融危機リーマン・ショックのきっかけとなった住宅ローン担保証券の販売を巡り、英金融大手ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)が49億ドル(約5400億円)の民事制裁金を支払うことで和解したと発表した。

金融危機時の不正を巡り米司法省が科す金融機関への制裁金では過去最高額としている。司法省はRBSが不正に販売したと主張しているが、RBSは認めていない。今回の制裁金とは別にRBSは昨年7月、米連邦住宅金融局(FHFA)に55億ドルを支払うことで和解したと発表していた。

司法省は、RBSが2005~08年、住宅ローン担保証券の担保となった住宅ローンについて、実際よりもリスクが小さく見えるような不正確な情報を提供するなどして、投資家や退職年金基金に数百億ドルの損失を発生させたと主張している。

リーマン・ショック前は、信用力の低い人を対象にした米国のサブプライムローンを組み込んだ住宅ローン担保証券が世界中に流通。米住宅バブルの崩壊で暴落して金融危機を引き起こした。

米当局は、リスクを適切に説明しないまま販売したのは不正だとして、さまざまな金融機関に制裁金の支払いを求めてきた。司法省は今月1日にも米金融大手ウェルズ・ファーゴが20億9千万ドルの民事制裁金を支払うことで和解したと発表した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン