2018年11月18日(日)

TPP早期発効へ連携 日ペルー外相会談

2018/8/15 8:41
保存
共有
印刷
その他

【リマ=共同】河野太郎外相は14日午前(日本時間15日未明)、ペルーの首都リマでポポリシオ外相と会談し、日本とペルーを含む11カ国が署名した環太平洋経済連携協定(TPP)の早期発効へ連携する方針で一致した。

会談後、ペルーのポポリシオ外相(右)と並んで記者発表する河野外相(14日、リマ)=共同

会談で河野氏は「日本とペルーは自由貿易を推進する重要なパートナーだ」と表明。ポポリシオ氏は「両国は自由貿易と多国間協力の促進といった基本的価値を共有している」と応じた。

両外相は、北朝鮮の非核化実現に向けて連携し、国連安全保障理事会の制裁決議を履行する重要性を確認した。ペルーは安保理の非常任理事国を務めている。

河野氏は会談後の共同記者発表で、南米のスペイン語圏では初となる国際交流基金リマ事務所を開設すると明らかにした。来年が日本人のペルー移住120周年に当たることを踏まえ、両国関係を強化すると強調した。

河野氏はビスカラ大統領とも会談した。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報