2018年11月13日(火)

バナナ栽培に衛星の目 北大発VB、病気も見抜く

ネット・IT
北海道・東北
科学&新技術
2018/8/15 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北海道大学発ベンチャーで超小型衛星の商用化に取り組むポーラスター・スペース(札幌市)は衛星データを用いて農業現場の課題を解決する。主に東南アジアのバナナやパーム油などの大規模農場で、生育状況や土壌の情報を集め解析。病気を早期に見つけて感染拡大を防ぐほか、肥料や農薬の使用量の最適化につなげる。2019年にサービスを提供する。

衛星データを農業の現場で活用するのは世界的な動き。ポーラスターが従来と違…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報