/

韓国前知事に無罪判決 性暴力証拠「確認できず」

【ソウル=共同】ソウル西部地裁は14日、地位を悪用して元秘書の女性に性暴力を加えたとの罪に問われ在宅起訴された前忠清南道知事、安熙正被告に無罪判決を言い渡した。聯合ニュースが伝えた。地裁は「(元秘書が)抵抗できなくなるような物理的強制力が行使された具体的証拠が確認できない」と判断した。

聯合によると、安前知事は昨年7月~今年2月に出張先の海外やソウルなどで元秘書に計4回、性暴力を加え、数回のわいせつ行為に及んだとして起訴されていた。

元秘書に被害を暴露された3月、知事を辞職し、行為は「合意の上だった」と主張していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン