大型店売上高2%増 長野県内6月、衣料品が好調

2018/8/14 21:52
保存
共有
印刷
その他

長野経済研究所(長野市)がまとめた6月の長野県内の大型小売店売上高(売り場面積調整前)は、前年同月比2.0%増の214億円と、2カ月ぶりに前年を上回った。例年より早い梅雨明けを受けて客足が増えたほか、気温上昇も個人消費の増加に寄与した。

品目別にみると衣料品が7.0%増の14億円。クリアランスセールの出足が好調だったことに加え、気温上昇に伴い夏物衣料の販売が増えた。飲料品や総菜が好調だった食料品は1.7%増の177億円。雑貨・その他は化粧品の堅調を受けて1.3%増の22億円だった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]