2018年12月15日(土)

金融庁20年 三国谷勝範・元金融庁長官 「銀商」融合、新たな課題に

金融最前線
2018/8/14 20:26
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経営破綻した日本振興銀行に対する初のペイオフ発動や東日本大震災の発生当時、金融庁長官をつとめた三国谷勝範氏(預金保険機構理事長)に、金融行政の新たな課題を聞いた。

――20年の金融環境の変化をどうみますか。

「発足時は金融機関の連続破綻や公的資金の投入、特別公的管理(一時国有化)という『底』の時期だった。当時の状況が非常事態型だとすると今は少しずつ進行する『クリーピング型』だ。少子高齢化や地方で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報