/

この記事は会員限定です

「訪日客、那覇経由で奄美へ」 JAC加藤洋樹社長

この人に聞く

[有料会員限定]

日本エアコミューター(JAC)が事業体制の再構築を急いでいる。路線移管と保有機数の削減で事業規模を縮小し効率化を進める一方、第2の柱と位置付ける機体の整備受託業務を拡大。7月には奄美大島から徳之島、沖永良部島を経由して那覇を結ぶ「奄美群島アイランドホッピングルート」も就航した。守りと攻めのバランスをどうとるのか、加藤洋樹社長に聞いた。

――同じ日本航空(JAL)グループのジェイエアへの路線移管が進んでいま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1090文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン