2018年11月21日(水)

「通商」の衣着た覇権争い  本社コメンテーター 秋田浩之

秋田 浩之
Deep Insight
本社コメンテーター
2018/8/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国と中国の貿易戦争が現実味を帯びてきた。トランプ米大統領の言動は、もはや脅しの域を越えている。本当に「開戦」するつもりだろう。

中国製品に課される米制裁関税は、8月23日から500億ドル分(約5兆5千億円)に広がる。さらに中国からの輸入の半分に、対象を拡大することも検討中だ。

いったい、トランプ氏は何をめざし、どこまで突き進むつもりなのか。

彼は11月上旬の米中間選挙に向け、人気取りのために中…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋田 浩之

本社コメンテーター

外交・安全保障

長年、外交・安全保障を取材してきた。東京を拠点とし、北京とワシントンの駐在経験も。北京では鄧小平氏死去、ワシントンではイラク戦争などに遭遇した。著書に「暗流 米中日外交三国志」「乱流 米中日安全保障三国志」。

    ソーシャルアカウント:

本社コメンテーター

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報