2018年11月16日(金)

「巨大企業に対抗する力を」ミンツバーグ・マギル大教授
資本主義、民間部門に傾きすぎ

パンゲアの扉
2018/8/16 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

資本主義のもとでグローバル企業は発展を続けてきた。その中で利益第一主義や経営の近視眼化などの問題も出てきている。企業のあり方について資本主義をどう修正していけばいいのか、カナダの経営学者でマギル大のヘンリー・ミンツバーグ教授に聞いた。

――資本主義の問題点はどこにありますか。

「一番の問題は企業が力を持ちすぎていることだ。特に米英で見られるグローバル企業は、全体をコントロールする政府がなく、コン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報