2018年9月20日(木)

金、1年半ぶり1200ドル割れ ドル高で資金流出加速

2018/8/14 17:55
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 金のニューヨーク先物相場が一段と下落し、現地時間13日の取引でほぼ1年半ぶりに1トロイオンス1200ドルを下回った。トルコ通貨リラの急落を受けてユーロ安・ドル高が加速。ドル相場と逆の動きをしやすい金からの資金流出が加速した。

 ニューヨーク金先物の13日の終値は前週末比約20ドル安い1トロイオンス1198ドル台。14日の時間外取引では一時1200ドル台に戻しているが「1175ドルが次の下値のメド」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報