/

39%に「メール詐欺攻撃」 企業の責任者アンケート

取引先や上司に成り済まして偽メールを送り、金銭などをだまし取る「ビジネスメール詐欺」と呼ばれるサイバー攻撃について、情報セキュリティー企業のトレンドマイクロは14日、企業のIT部門や経理部門の責任者計1030人を対象にしたアンケートの結果を発表した。39%に当たる406人が、この種のメールを受け取ったことがあると回答した。

攻撃を受けた企業責任者のうち5%に当たる22人が実際に送金する被害に遭った。被害額は1千万円以上2千万円未満との回答が最多で、1億円以上も2人いた。

従業員規模別では、5千人以上の企業が攻撃を受けた比率が48%と高かった。一方、49人以下の企業も28%が受けており「中小企業も標的になっている」(トレンドマイクロ)という。

メールの内容は送金依頼のほか、機密情報を送るよう求めたものもあった。ビジネスメール詐欺では昨年、日航が総額約3億8400万円をだまし取られる被害に遭っている。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン