/

この記事は会員限定です

医薬営業3年で3000人減 薬価下げで大規模リストラ

[有料会員限定]

製薬各社が営業職に相当する医薬情報担当者(MR)を大幅に減らしている。削減幅は3年で3000人を上回る見通しだ。4月の薬価改定で国内医薬品市場は約7200億円縮小するとみられ、製薬会社の収益環境は厳しい。医師接待の自主規制や、医師がインターネットなどを通じ自ら情報を集めやすくなっていることから、MRの役割が減っているのも大きい。

「業界全体で100人規模のリストラがこれだけ続いたことは記憶にない...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2034文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン