2018年9月19日(水)

医薬営業3年で3000人減 薬価下げで大規模リストラ

ヘルスケア
2018/8/14 16:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 製薬各社が営業職に相当する医薬情報担当者(MR)を大幅に減らしている。削減幅は3年で3000人を上回る見通しだ。4月の薬価改定で国内医薬品市場は約7200億円縮小するとみられ、製薬会社の収益環境は厳しい。医師接待の自主規制や、医師がインターネットなどを通じ自ら情報を集めやすくなっていることから、MRの役割が減っているのも大きい。

 「業界全体で100人規模のリストラがこれだけ続いたことは記憶にない…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報