2019年4月20日(土)

DV夫に妻の住所漏洩 岐阜県土岐市が誤送付

2018/8/14 12:33 (2018/8/14 14:00更新)
保存
共有
印刷
その他

岐阜県土岐市が、夫からドメスティックバイオレンス(DV)を受けた女性の避難先住所が記載された書類を、誤って夫に送付したことが14日、分かった。女性はすぐに別の場所に避難し今のところ被害は確認されていないが、市は女性に謝罪、転居費用など約112万円を賠償する。

市によると、夫婦には複数の子どもがおり、それぞれ同居している。市が5月下旬、児童手当に関する書類を支給対象の子どもと市内に住む夫に発送した際、市外で女性と同居する子どもの住所を消すのを怠った。

児童手当は15歳以下の子どもがいる世帯が対象だが、第3子以降は支給額が増える場合があり、書類には18歳以下の全ての子どもの情報が記されている。市の担当課は個人情報保護の対象として15歳までは確認したが、女性と暮らす子どもは16~18歳だったため対象から漏れたという。

夫が6月中旬、手当受給のため書類を市に提出し、職員が漏えいに気付いた。市は翌日に女性と警察に連絡。今月13日付で、担当した職員5人を訓告、課長を文書厳重注意とした。〔共同〕

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報