2018年11月17日(土)

テスラ、株式非公開化 3つのポイント

3ポイントまとめ
3つのポイント
2018/8/14 11:26
保存
共有
印刷
その他

米電気自動車(EV)メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が同社の株式を非公開化すると発信して話題になっています。その目的はなんでしょうか。

ツイッターでテスラの株式非公開化の方針を表明したマスクCEO=ロイター

ツイッターでテスラの株式非公開化の方針を表明したマスクCEO=ロイター

(1)ツイッターでいきなり

マスク氏は8月7日(米国時間)に突然ツイッターで「(1株当たり)420ドルでテスラを非公開にできないか考えている。資金は確保した」と発信しました。株式市場は一時騒然としテスラ株は前日比11%高となりました。この情報公開が公平だったかどうか、米当局が調査に乗り出しています。テスラは今年4~6月期の最終赤字が過去最大になり一部で資金繰り不安も指摘されていました。

テスラ、株式非公開化を検討か ツイッターに投稿

(2)非公開化の目的は

マスク氏は、投資家から四半期決算など短い期間で好業績を出すように圧力がかかることを嫌っています。背景にはテスラの計画が未達に終わることを見越してテスラ株を空売りするファンドの存在もあります。テスラは従業員に株式を保有させるストックオプション制度があり、株価の下落は従業員の士気低下にもつながります。

テスラ、株非公開化検討 マスク氏「長期視点で成長」

(3)どうやって非公開化?

マスク氏は1株あたり420ドルで既存株主から株を買い取るとしていますが、全株式を取得すると総額で700億ドル(7兆7000億円)の資金が必要になります。13日にはサウジアラビアの政府系ファンドと接触していると明らかにしました。一方で既存の株主の3分の2の安定株主に対してはテスラ株を持ち続けてほしいとも言っています。そのスキームだと現行制度での非公開化は難しく、既存株主を束ねる特定目的基金を設立する手法などが浮上しています。

株式市場に決別宣言 テスラ・マスク氏の賭け

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報