パリの男性公衆便所で論議 歩道に設置、住民ら反感

2018/8/14 9:25
保存
共有
印刷
その他

【パリ=共同】パリを流れるセーヌ川に浮かぶサンルイ島の歩道に、覆いのない真っ赤な男性用公衆便所が設置され、「下品だ」と地元住民らに反感が広がるなど論議を呼んでいる。地元メディアが13日までに伝えた。

パリ中心部サンルイ島の歩道に設置された男性用公衆便所(13日)=共同

フランス語で「小便所」と「歩道」を掛け合わせた「ユリトロトワール」は、悪臭被害をもたらす「立ち小便」対策としてパリ市が導入した。上部に草花を植えられるほか、内部に入っているわらが堆肥になるため「エコ」が売りとされる。

ただ、サンルイ島の設置場所はセーヌ川沿いで周囲から丸見え。近隣の住民や商店主らは「品がない」「醜悪だ」などと反感を強めている。

パリでこの小便所が設置されたのは4カ所目で、これまで大きな反対はなかった。パリ中心部のサンルイ島は歴史的建造物が立ち並び、人々が散歩や食事に訪れる一方、高級住宅地でもあることが他の設置場所と異なる。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]