熱中症対策で夏休み延長論浮上 戸惑いの声も

2018/8/14 6:43
保存
共有
印刷
その他

気象庁が「異常気象」と判断した2018年夏の猛暑。今後も厳しい暑さが続く見通しで、学校での熱中症事故を避けようと夏休みの延長論が急浮上している。愛知県の小学校で児童が熱中症で死亡した事故を受け、文部科学省は夏休み期間の延長などを検討するよう各教育委員会に通知したが、授業時間を確保するため夏休みの短縮化を図る学校現場や保護者に波紋が広がっている。

「異常気象の連鎖」。8月10日に開かれた気象庁の異…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]