アントラーズが初のスタジアムキャンプ 地元DMO共催

2018/8/13 21:15
保存
共有
印刷
その他

サッカーJ1、鹿島アントラーズFCは11~12日、カシマスタジアム(茨城県鹿嶋市)で初のスタジアムキャンプを開催した。ピッチにテントを張り、参加者が宿泊するとともに、パブリックビューイングなど様々な活動を楽しんだ。54組166人が参加した。

スタジアムキャンプで行われた健康プログラム(茨城県鹿嶋市)

キャンプは地元5市なども加盟するアントラーズホームタウンDMO(同)が共催した。カシマスタジアムの萩原智行副所長は「今後も地域交流と話題性のあるイベントをやっていきたい」と話した。

参加者は1日目に健康プログラムやスタジアムツアー、鹿島神宮(同)周辺をウオーキングする神の道ツアーなど思い思いの活動に参加。夜は星空観察、翌日にはサッカースクールなど多彩なプログラムが組まれた。

茨城県茨城町から小学生の息子と参加した男性は「ピッチを歩けるだけでも貴重な体験。毎年やってもらえればいい」と話した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]