/

この記事は会員限定です

旭川市で医療機関減少続く、若手医師が開業尻込み

[有料会員限定]

かつて「病院銀座」があるとも言われた北海道旭川市で病院・診療所が減少している。2016年の厚生労働省調査によると、病院(ベッド20床以上)は20年前より7減の39カ所、診療所はピークの04年より約1割減の242カ所だった。若手医師が不安定な開業医に尻込みしているのが主な要因だ。

ここ20年間、全国や北海道でみると、病院数は減少する一方、大都市圏を中心に診療所は増加している。ところが旭川医科大学のお...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り565文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン