/

この記事は会員限定です

愛媛・内子町 バイオマスタウン推進(中四国ウエーブ)

今秋に発電所稼働 森林資源を有効活用

[有料会員限定]

愛媛県西部の森林に囲まれた内子町がバイオマスタウンづくりを推進している。今秋に木質ペレットによるバイオマス発電所を稼働。森林資源の有効活用と売電収入の確保に役立てる。関連施設を訪ねるエコタウン巡りなど波及効果にも期待が高まっている。

同町東部の寺村地区で5月上旬、「内子バイオマス発電所」の起工式が行われ、町や森林組合、発電会社の関係者らが工事の安全を祈願した。総事業費12億円で、発電所用地は町が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り910文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン