中部の消費、猛暑で明暗 エアコンやプール好調

2018/8/13 19:14
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

記録的な猛暑が続く今夏、中部の消費動向で明暗が分かれている。エアコンや小型扇風機など涼しさを求める消費が活発になる一方、百貨店や外食では客足が鈍り、売り上げにも影を落とし始めた。景気拡大や賃金上昇を受け順調に回復してきた中部の個人消費だが、暑すぎる夏が水を差す可能性が出ている。

「今からの注文だと名古屋市内でも最短、8月下旬の設置です」。ビックカメラ名古屋駅西店(名古屋市)の家電コーナーを担当す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]