2018年11月21日(水)

首相、改憲を総裁選争点に 「9条」党内議論に決着

2018/8/13 19:54
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

安倍晋三首相(自民党総裁)が憲法改正を党総裁選の争点とする意向だ。党は憲法9条の戦力不保持を維持しつつ自衛隊を明記する改正案をまとめており、首相は今秋の臨時国会への提出を描く。9条を総裁選の争点にして勝つことで石破茂元幹事長の反論を封じ、党内議論に決着をつける狙いがある。

首相は12日、地元の山口県下関市で講演し「党の改憲案を次の国会に提出できるようとりまとめを加速すべきだ」と訴えた。「総裁選が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報