/

この記事は会員限定です

トルコ危機、個人に波及 債券・投信で含み損も

[有料会員限定]

トルコリラ急落の影響が日本の個人投資家にも波及している。ここ数年、高い金利を背景に外国為替証拠金(FX)取引などを通じたトルコリラの売買や、トルコリラ建ての債券や投資信託の購入が増えてきた。リラの急落で個人投資家の損失が拡大。見た目の高金利に頼って膨らんできた新興国関連の投資商品を敬遠する動きが広がる可能性がある。

トルコリラはFXを手掛ける日本の個人投資家の中では、南アフリカランドなどと並んで人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り948文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン