/

沖縄、翁長氏に最後の別れ 「信念の人、安らかに」

(更新)

沖縄県の基地負担軽減を求め、米軍普天間基地(宜野湾市)の名護市辺野古移設阻止を掲げ続ける中、8日に67歳で死去した翁長雄志知事の葬儀・告別式が13日、那覇市の寺で営まれた。参列者らは「信念の人、安らかに」としのんだ。政界関係者や旧友、米軍関係者、県民ら4千人以上が集まり、最後の別れを告げた。

大勢の参列者が詰め掛けた翁長雄志沖縄県知事の告別式(13日、那覇市の大典寺)=代表撮影

弔辞で稲嶺恵一元知事(84)は「健康より、沖縄に過重な基地負担を負わすべきでないとの信念を優先して去った生きざまは、永久に語り継がれる」とたたえた。

遺族代表として長男、雄一郎氏(35)が「父は沖縄への愛を力に変えて政治活動へ人生をささげた」とあいさつ。親交のあったゴルバチョフ元ソ連大統領の「平和のために闘った政治家だった」とのメッセージも読み上げられた。

福井照沖縄・北方担当相、鳩山由紀夫元首相や自由党の小沢一郎共同代表のほか、仲井真弘多前知事、在沖縄米軍トップのスミス海兵隊中将も訪れた。

葬儀前には遺骨を乗せた車が県庁に立ち寄り、多くの県民が見送った。位牌を持った妻、樹子さん(62)ら遺族が正面玄関で、県職員や県民らとともに黙とうした。

県幹部は記者団に、四十九日に当たる9月末に県民葬を開催したいとの意向を示した。

翁長氏は那覇市長だった2014年、辺野古移設反対を訴え、知事選に立候補し初当選した。今年5月に膵(すい)がんを公表し、闘病を続けながら公務を続行。移設先の埋め立て承認撤回の手続き開始を7月27日の記者会見で表明したが、3日後に再入院し、12月の任期満了を目前に死去した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン