クールジャパン機構、北川新社長「年200億円の投資探る」

2018/8/13 18:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

設立6年目を迎えた官民ファンド「クールジャパン(CJ)機構」が新体制で仕切り直しをはかる。新社長に就任した北川直樹氏が日本経済新聞の取材に応じた。年間150億~200億円を目安に投資案件を探すほか、海外パートナーとの提携も重視する。これまでの失敗経験を考慮し、CJ機構として相手先の経営権を取得する投資にも取り組む。

「日本だけでなく、海外がクールだと思う物を認識して進めたい」と北川氏は強調する。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]