「貿易戦争、金融に波及リスク」 清滝・米大教授
米リーマン危機10年

2018/8/13 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米証券大手リーマン・ブラザーズが破綻してから9月で10年を迎える。今後起こりうるリスクへの備えは十分か。金融危機の研究で国際的に知られる清滝信宏・米プリンストン大教授に世界経済の現状と課題を語ってもらった。清滝氏は米国発の貿易戦争について「金融システムにも波及する可能性がある」と指摘。米国や中国が相互に関税を引き上げると「インフレがさらなる金利上昇につながり、為替の混乱や株価の下落に通じる」と警…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]