「日本のサッチモ」を表彰 ジャズで米国と交流

2018/8/13 16:07
保存
共有
印刷
その他

【ロサンゼルス=共同】「サッチモ」の愛称で知られる米ジャズ音楽の巨匠ルイ・アームストロングの生誕地、南部ニューオーリンズで12日までに開かれた音楽フェスティバルで、1990年代から日米草の根交流を続けてきた「日本のサッチモ」と呼ばれるミュージシャン、外山喜雄さん(74)=千葉県浦安市=にサッチモの名を冠した生涯功労賞が贈られた。

サッチモの名を冠した生涯功労賞を贈られる外山喜雄さん(中央)(4日、米ニューオーリンズ)=ZACK・SMITH氏撮影・共同

同賞は「スピリット・オブ・サッチモ・アワード」で日本人の受賞は初めて。高校生の時からサッチモの音楽や人柄に魅了されてきた外山さんは取材に「こんな名誉なことはない」と大喜び。

外山さんは同じくミュージシャンの妻、恵子さん(76)と68年から約5年ニューオーリンズで音楽修業。帰国後は東京ディズニーランドなどで演奏を続けてきた。

90年代に再訪したニューオーリンズの荒廃ぶりに驚き、恩返しのために学校にトランペットなど約850の楽器を届けてきた。こうした楽器を使った子供の中からプロミュージシャンも生まれたという。2005年のハリケーン「カトリーナ」で被害が出た際も被災者支援を行った。

外山さんはサッチモの誕生日に合わせたステージで賞を贈られた。「天国のサッチモからの、うれしいいたずらに思えた」と話した。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]