2018年11月21日(水)

トルコリラ、なぜ売られる? 3つのポイント

3ポイントまとめ
3つのポイント
2018/8/13 15:32
保存
共有
印刷
その他

トルコの通貨リラの急落がきっかけとなった「トルコショック」が世界のマーケットを揺さぶっています。そもそもリラはなぜ売られているのでしょうか。

トルコ経済の苦境が深まっている(写真はエルドアン大統領)=ロイター

トルコ経済の苦境が深まっている(写真はエルドアン大統領)=ロイター

(1)利上げに否定的

通貨の価値が下がると、物価が上昇します。その場合、各国の中央銀行は政策金利を引き上げることで、通貨の価値と物価を安定させようとします。ところがトルコの場合、エルドアン大統領が利上げは景気を冷やすと嫌っています。そのため、リラは売りが売りを呼ぶ展開になりがちです。

トルコショック、株安広がる

(2)大統領に強大な権力

各国の中央銀行は政権から独立し、政治家が嫌いがちな政策金利の引き上げの是非などを判断すべきだとされます。ところが、トルコの場合、エルドアン氏が強大な権力を持ち、トルコ中央銀行の政策決定も左右しています。

強権型大統領制 トルコで始動

(3)米国と対立

トルコでは2016年にクーデター未遂事件が起きました。トルコが事件に関係したとする米国人牧師を拘束している問題などで、両国は厳しく対立しています。米国のトランプ大統領は制裁としてトルコ閣僚の資産凍結を決めたほか、トルコから輸入する鉄鋼などの関税を引き上げることも表明しました。米国との対立はトルコ経済に悪影響を与え、リラがさらに売られる原因となります。

牧師拘束巡り米強硬

保存
共有
印刷
その他

トルコショック、円高呼ぶ[有料会員限定]

2018/8/13 12:39

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報