/

米ETF大手、日本拠点閉鎖へ(市場点描)

日本株で運用する代表的な上場投資信託(ETF)のひとつとされる「ウィズダムツリー・ジャパン」を提供する米運用大手、ウィズダムツリーが日本の営業拠点を閉鎖する。国内ではETFを短期売買の手段と捉える投資家も多い。長期保有を促したい同社の戦略と相いれないことが、閉鎖の背景のようだ。

イェスパー・コール ウィズダムツリー・ジャパンCEO

同社はインデックス投資の研究者として著名なジェレミー・シーゲル博士の理論を反映したETFなどで世界的に知られる。2015年に都内に拠点を構えたが、18年9月末までに手じまう。日本拠点のイェスパー・コール最高経営責任者は「堅調な欧州のETFビジネス拡大に経営資源を割くことにした」と話す。

日経平均株価の2倍の動きをする「日経レバ」など、国内では長期投資には不向きとされるETFに人気が集まる。それ以外では、相場下落時の日銀による買いが注目されるくらい。長期投資手段としてのETFの存在感はまだまだ低い。

マネックス証券はウィズダムツリーのETFの売買手数料をキャッシュバックするキャンペーンを実施中だ。「現段階でサービスは継続予定だが、顧客への今後の影響などについては確認中」(マネックス)という。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン