プロ野球

今村、恐れず内角攻め 巨人がマツダでの連敗止める

2018/8/13 12:30
保存
共有
印刷
その他

鈴木、バティスタら、右の強打者にも内角を突いていかないと、左腕の活路は開けない。巨人・今村はこの登板を前に、ブルペンはもちろん、キャッチボールから相手打線の内懐に攻め入るイメージを作っていたという。

広島打線を相手に果敢な内角攻めを見せた巨人・今村=共同

広島打線を相手に果敢な内角攻めを見せた巨人・今村=共同

そのかいはあったか? 「ビデオを見ていないからわからないけれど、強気でいけた」。臆せず向かっていった結果が7回被安打5、ソロ1本のみの投球となった。

一回2死一塁から鈴木に左前打を打たれた。詰まりながらも、力で運ばれた一打は一歩間違えばどうなるか、という怖さを示していたが、ひるまない。

五回、代打下水流にソロを浴びたあとの2死一塁。迎えた鈴木に、力勝負を挑んで中飛に仕留めた投球は出色だった。四球も3個あったが、終始攻め続けた、といえる内容だった。

当然ながら、頭のなかには昨年8月から続く、マツダスタジアムで13連敗というチームの状況もあった。だが、より意識したのはプロ7年目で初完封をマークした試合(中日戦)の直後の試合、ということだった。

登板前、「次に駄目だったら、完封した意味がなくなる」と話していた。大阪・太成学院大高から入団して2年目の2013年に早々と勝利を挙げたものの、その後は16年の3勝が最高で、昨季は勝ち星無し。

先の完封はやっとつかんだ浮上の足がかり。今、チャンスを逃したら、このまま終わりかねない、というほどの決意をうかがわせる投球に、さすがの広島打線もたじろいだ。これで自己最多の4勝目。ピシピシと殻が破れる音がする。

(篠山正幸)

保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

17年ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 ヤクルトの高津臣吾新監督は15日、東京都内の球団事務所でスカウト会議に参加し、17日のドラフト会議で石川・星稜高の奥川恭伸投手を1位指名することを明らかにした。「投手事情を考えるとスワローズの弱点は …続き (15日 19:37)

 ロッテは15日、千葉市のZOZOマリンスタジアムでスカウト会議を開き、17日のドラフト会議で岩手・大船渡高の佐々木朗希投手を1位指名することを決めた。最速163キロの剛速球を武器にする高校生投手に、 …続き (15日 19:17)

 楽天は15日、今江年晶内野手(36)が今季限りで現役を引退すると発表した。18日に引退記者会見を行う。今江は来季の戦力構想から外れたが、現役続行を希望して他球団からのオファーを待っていた。楽天からコ …続き (15日 19:17)

ハイライト・スポーツ

[PR]