/

トルコリラ、一時1割急落 前週末比

【イスタンブール=佐野彰洋】13日のアジア市場で、トルコの通貨リラは対ドルで一時1ドル=7.2リラ台に急落し、最安値を更新した。前週末に比べた下げ幅は一時約1割に達した。トルコによる米国人牧師拘束問題を巡り対米関係が急速に悪化、事態収拾の見通しが立たないことから、リラ安に歯止めがかからない。

エルドアン大統領は12日、「ドル買いのために銀行に急ぐな」と述べ、ドル確保に急ぐ企業経営者らをけん制した。この発言が、当局が外貨建て預金の封鎖やリラへの強制的な両替に乗り出すとの観測を強めた可能性もある。

アルバイラク財務相は12日、地元紙の取材に応じ、為替相場の急変に直面する企業を支援するため「月曜朝から必要な措置を講じる」と述べた。預金封鎖などの観測を否定した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン