書斎のゴルフ

フォローする

アプローチとパット、呼吸意識しゆっくり打つ(1)

(1/3ページ)
2018/9/20 6:30
保存
共有
印刷
その他
 日大ゴルフ部のキャプテンだった久富章嗣さん。アマチュアとして全英オープン選手権予選にも出場を果たし、その後は学生や社会人を教えてきた。今は悩めるアマチュアの指導に精力的で、久富さんを信奉する生徒さんも多い。そんな生徒さんたちとの楽しいレッスンコンペにお邪魔した。そこで繰り広げられた数々のレッスンの中から、今号の特集に沿ってアプローチとパターに照準を合わせてみた。
(日本経済新聞出版社「書斎のゴルフ VOL.39」から)

季節は立夏。5月というのに夏を思わせる暑い日に、久富レッスンコンペが浅見GCで実施された。当日は幹事の出川次郎さんが病気のために欠席、会の中心人物の島田一郎さんも私用があり欠席と、少し寂しい様相になりつつあったが、集まった人たちは上達意欲満々で、久富さんもやる気に満ちている。

(右から)水野富夫さん、深瀬治則さん、田中彰さん、久富章嗣さん、中田透さん、山田誠さん、筆者

(右から)水野富夫さん、深瀬治則さん、田中彰さん、久富章嗣さん、中田透さん、山田誠さん、筆者

一番若い田中彰さんがいつになくにこやかだ。

「久富先生に習ったときの先生のゆったりしたスイングを目に焼き付けて、それ以降、そのゆったりしたリズムを心がけて練習に励みました。そうしたらドライバーがすごくよくなって、きょうはそれを先生にお見せできたらと思っています」

水野富夫さんもやる気満々だ。

「今年70歳になったのですが、ハンディが12に戻り、Aクラスにも復帰できました。周りの方から『よく戻ってきた』と褒められてうれしく思っているところです。これも久富さんから強い人と回るときのコースマネジメントを教えていただいたおかげです」

その他に島田さんの仲間である深瀬治則さん、中田透さん、いつも久富さんの原稿を書いていただいている山田誠さんも先生とのラウンドが楽しくてたまらないといった感じだ。

 スタート前にパッティングのワンポイントレッスン

スタート時間が少し遅くなり、練習グリーンでパッティングの練習に余念がない久富さんの生徒さんたち。その姿を見て、久富さんが我慢しきれなくなり、早くもレッスンが行われる。

「みなさん、ちょっと聞いてください。みなさんはパットというと、いつでもカップに入れたくて仕方がなくなってしまいます。だから練習グリーンでもカップを狙って打つ。その結果、皆さん強く打ちすぎてしまう。カップに入ればいいけれど、入らなければカップをオーバーして3パットにしてしまう。それではスコアはつくれませんよ」

みなさん、一斉に手を休めて、久富さんの顔を見る。

「ゆったりしたストロークでゆったりとボールを打つ。そうすれば、ゆったりと転がって強すぎず弱すぎず、ちょうどよくカップまで転がります。そのようなパットをするには呼吸法を使うとよいのです。ゆっくり息を吸いながらバックストロークし、トップで一旦息を止め、そこからゆっくりと息を吐きながらダウンストロークしてボールをヒット、そのままフォロースルーを出していきます。どうですか、ゆったりとボールが転がるでしょう」

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

ゴルフコラム

スコアアップヘ

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

書斎のゴルフ 一覧

フォローする
ピン手前2メートルの上りのパットをしっかり決めてバーディーを取る

 小暮博則プロはパー5をすべてパーであがれる実力がつけばシングルハンディになれると断言する。しかもそれは現在90台のスコアのゴルファーでもしっかりとしたコース戦略を身につければ十分に可能なことだと言い …続き (12/10)

短めのパー5(3)

 小暮博則プロはパー5をすべてパーであがれる実力がつけばシングルハンディになれると断言する。しかもそれは現在90台のスコアのゴルファーでもしっかりとしたコース戦略を身につければ十分に可能なことだと言い …続き (12/7)

小暮博則プロはパー5をすべてパーであがれる実力がつけばシングルハンディになれると断言する

 小暮博則プロはパー5をすべてパーであがれる実力がつけばシングルハンディになれると断言する。しかもそれは現在90台のスコアのゴルファーでもしっかりとしたコース戦略を身につければ十分に可能なことだと言い …続き (12/3)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]