2018年10月16日(火)

兵庫のダムに女性遺体 20代か、衣装ケースの中に

2018/8/11 17:29
保存
共有
印刷
その他

11日午前8時35分ごろ、兵庫県加古川市平荘町中山の権現ダムの湖で「人が浮いている」と釣りをしていた男性から110番があった。駆け付けた県警加古川署員が、透明の衣装ケースに入った20代ぐらいの女性の遺体を発見。県警捜査1課は死体遺棄事件と断定し同署に捜査本部を設置した。

捜査関係者によると、ケースに入っていた財布などの所持品から、大阪市に住む女性とみて身元の確認を急いでいる。

捜査本部によると、女性は白いTシャツと白い長ズボン姿。目立った外傷はなく、死後数日以内とみられる。12日に司法解剖して死因を詳しく調べる。ケースにはロープのようなもので重りが付いており、足の一部が外に出ていた。

現場はJR加古川駅の北約7キロで、山陽自動車道の権現湖パーキングエリア南側。ケースはダム湖南西の岸から数メートルの地点に浮いていた。

周囲には田んぼが広がり、近くの工場に勤める60代男性は「ダム観光や釣りに来る人がたまにいるが、通る車は限られている」と驚いていた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報