/

この記事は会員限定です

貿易協議、全面対決は回避 日本、9月に重い宿題

[有料会員限定]

【ワシントン=古賀雄大】日米両政府が9~10日(日本時間10~11日)に開いた閣僚級の貿易協議(FFR)は、自由貿易協定(FTA)や自動車、農産品など互いの関心事項について全面対立を避ける展開になった。日本には一歩前進したとの声がある一方、米が11月の中間選挙を前に目に見える成果を求めてくるのは必至。9月に見込まれる首脳会談での「安倍・トランプ」の判断に左右される。

「自由貿易協定(FTA)かどう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1001文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン