/

トランプ氏、カナダに車関税警告 メキシコは「順調」

【ワシントン=鳳山太成】トランプ米大統領は10日、カナダ、メキシコと進める北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を巡り、「メキシコとの取引は順調に進んでいる」と明らかにした。同日開いた閣僚会合での進捗を踏まえた発言とみられる。一方、カナダの貿易障壁に改めて不満を表明し「もし取引ができなければ、自動車に関税をかける!」と警告した。

日米が同日に新たな貿易協議の初会合を開くなか、トランプ氏は自動車や農産品で譲歩を迫り、要求が通らなければ検討中の自動車関税を発動する姿勢を鮮明にした。

米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は10日、メキシコのグアハルド経済相と会談した。トランプ氏はツイッターで「自動車メーカーや農家は大事にしなければいけない。さもなければ取引はなしだ」と指摘した。「次期大統領は本当の紳士だ」と称賛し、7月1日のメキシコ大統領選を機に協議が進展していると評価した。

一方、カナダは「(メキシコとの協議がまとまるまで)待たなければいけない」と指摘。カナダが農畜産品に課す関税を念頭に「貿易障壁が高すぎる」と強調し、自動車関税をちらつかせながら圧力を強めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン