2019年4月24日(水)

プロ野球

4番鈴木3年連続20号 打の広島、夏場に本領

2018/8/10 23:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

隠し玉のようにして、7月から出てきた巨人・メルセデスは広島にとって初対戦の相手。3勝負け無しの左腕は謎だらけの存在だったが、波に乗る広島打線は委細構わず、バットを振った。

一回2死から丸が左前打で出塁すると、鈴木が1ボールからのファーストストライクを左越えに2ラン。「防御率は0点台。明らかにいい投手だから、そんなに点は取れない」と警戒した分、集中力は増していた。

二巡目となった四回は「もう、見切…

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

「何とか勝ちに貢献したい」と念じた広島・小窪が、九回2死満塁から右前へサヨナラ打を放つ(23日、マツダ)=共同

 2―2で迎えた九回2死満塁。R・マルティネスの剛速球に食らいついた広島の8番、小窪の小飛球が二塁手を越えて、右前に落ちた。「その前のチャンス(七回2死三塁)で打てなかった。何とか勝ちに貢献したい、と …続き (23日 23:42)

DeNA戦に先発した阪神・青柳(23日、横浜)=共同

【ロッテ9―9西武】今季両リーグ最長の5時間21分で延長十二回の末、ともに今季初めて引き分けた。西武は5―8の八回に中村のソロと山川、森の適時打などで4点を奪い逆転。ロッテは八回に鈴木のソロで追い付き …続き (0:01更新)

7回ソフトバンク無死、内川が左越えに勝ち越しソロを放つ(22日、東京ドーム)=共同

 【ソフトバンク 3―1 オリックス】ソフトバンクは0―1の六回に松田宣の適時二塁打で追い付き、七回に内川の2号ソロで勝ち越した。八回はデスパイネの適時打で加点。六回途中から継投に入り、2回無失点の新 …続き (22日 21:25)

ハイライト・スポーツ

[PR]