2018年10月20日(土)

プロ野球

4番鈴木3年連続20号 打の広島、夏場に本領

2018/8/10 23:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

隠し玉のようにして、7月から出てきた巨人・メルセデスは広島にとって初対戦の相手。3勝負け無しの左腕は謎だらけの存在だったが、波に乗る広島打線は委細構わず、バットを振った。

一回2死から丸が左前打で出塁すると、鈴木が1ボールからのファーストストライクを左越えに2ラン。「防御率は0点台。明らかにいい投手だから、そんなに点は取れない」と警戒した分、集中力は増していた。

二巡目となった四回は「もう、見切…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

1回ソフトバンク2死一塁、左越えに先制2ランを放つ柳田(20日、メットライフドーム)=共同

 プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(6試合制)は20日、メットライフドームでパ・リーグの第4戦が行われ、レギュラーシーズン2位のソフトバンクが10年ぶりにリーグ制覇した西武に …続き (17:42)

三回、先制の3点本塁打を放つ上林(19日、メットライフドーム)=共同

 前夜に大量失点したソフトバンクが15点をお返し。短期決戦に付き物の「流れ」などお構いなしの脈絡なき打撃戦は、どこで火がつくかも分からない。この夜の着火役となったのは、過去2試合で1安打と蚊帳の外に置 …続き (19日 23:31)

二回、右翼線に先制二塁打を放つ野間(19日、マツダ)=共同

 新井に値千金の同点打が生まれた前日の流れのまま、挑戦者を一気に押し切りたかった広島。どうしても欲しかった先制点をもたらしたのは、今季レギュラー格に大きく成長した野間だった。
 二回無死二塁。巨人の左腕 …続き (19日 23:28)

ハイライト・スポーツ

[PR]