/

この記事は会員限定です

「かわいい」の源流 戦後の少女文化が再人気

[有料会員限定]
日経 MJ

戦後から高度成長期に一斉を風靡した少女向けキャラクターが、さまざまな形で復活しつつある。自治体が観光PRに起用したり、研究書などが続々出版されたり。大人になった「元・少女」の支持に加え、「かわいい文化」の源流に関心を持つ若者たちが目を向け始めているようだ。

「かわいい」で街おこし

「カワイイに出会えるまち、オカザキ。」とのキャッチフレーズで2018年、愛知県岡崎市が観光キャンペーンを展開中だ。ポスターなどにイラストレータ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1095文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

消費を斬る

話題のヒット商品やトレンドの背景を専門記者が最前線の取材から分析、「今なぜ売れるのか」「次の流行は何か」を解き明かす。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン