2018年12月12日(水)

東武鉄道「SL大樹」運行1周年、公式ソング初披露

2018/8/10 21:20
保存
共有
印刷
その他

東武鉄道のC11形蒸気機関車(SL)「大樹」が10日、運行開始から1周年を迎え、栃木県日光市の鬼怒川温泉駅で記念式典が開かれた。沿線住民や鉄道ファンらが大勢駆けつけ、汽笛を鳴らして発車した大樹を見送った。

運行1周年を記念し、SL大樹の出発式が開かれた(10日、鬼怒川温泉駅)

記念式典で東武鉄道の都筑豊鉄道事業本部長は「SLをはじめ日光・鬼怒川エリアの魅力を今後も国内外に発信していきたい」と2年目の抱負を語った。日光市の大嶋一生市長は「大樹は製造から77年。部品一つとっても全国から取り寄せる必要がある」と関係者の努力に謝意を示した。

式典の最後には、日光市出身の女性デュオ「モアモカ」が公式イメージソングを初披露。出発式に家族で訪れた内田后騎くん(10)は「大樹のヘッドマークはたくさん種類があって楽しい」とカメラに収めていた。

大樹は週末を中心に1日3往復運行しており、10日時点の累計乗車人員は約10万9000人。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報